四度目のワクチン打って柿二つ

二価ワクチンとやらを打ってもらい、副反応がないか心配です。何か糖分を取っておいた方が薬が分散されるような気がして、柿を二つ食っておきました。今のところ少し肩が痛い程度です。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

棒読みの車掌の英語初紅葉

電車の車内放送を車掌が英語でしますが、あれって要らないような気がしますがどうでしょうか? 名古屋の地下鉄は数か国語が録音されたきれいな発音で流れますが、これも要らない気がします。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

まだ青し銀杏並木に秋の風

名古屋広小路の銀杏並木はもうじき黄色になりますが、まだ緑でした。来月あたりかな。楽しみです。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

居眠りのスマホに映る秋の空

電車で隣の座席の人がスマホを持ったまま居眠り。スマホには秋の空が反射して映っていました。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

木犀の甘い香満ちた街走る

ジョギングをしていると、街のあちこちで金木犀の香りがします。どこにあるのだろうと探しても見当たりません。甘い香りが遠くから運ばれてきて街中に満ちているこの季節が好きです。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

見えずとも木犀の香を風運ぶ

ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

まほろばに赤白咲いて曼殊沙華

やっぱり自分の家が一番ですね。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

神輿見ゆ三年ぶりの秋祭り

恵那市の秋まつり。神輿は置いてあるだけで、担いではいませんでした。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

桔梗見て指折る人を見つけたり

ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

秋祭りマスカレードの大通り

まだみんなマスクをしています。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

コスモスやまた旅に出て揺られたし

風に揺れるコスモスを見ていたら、また旅に出て毎日バスに揺られたいなぁと思った次第。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

花立が台風の水溜めてをり

ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

蝉の声一斉に消え秋彼岸

ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

半日で刈田に変わり藁残る

昼にはまだ稲があったのに、夕方にはもう刈られていて藁だけでした。昔のように稲を干したりしないのですね。小さな田んぼなのにコンバインなのか。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

野分あと虫も鳴かない夜となり

急に涼しくなりました。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

静けさや雨戸の中で野分待つ

雨戸を立てたので、今日は虫の音が聞こえません。少しだけ風の音がしています。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

台風が来るとも知らず白木槿

台風が来たら、飛ばされだろうなあ。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

畦道の草刈り跡に曼殊沙華

ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

声枯れて独語驚く秋の暮れ

最近声枯れがひどい。医者は老化だと言うけど、何か心配。これではカラオケも行けん。でも、老化ならしょうがないか。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

久々に湯上りにシャツ秋の暮れ

今までは風呂から出てパンツ一丁で過ごしていましたが、涼しくなって久しぶりにTシャツを着ました。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

秋晴れやどの国葬も招かれず

そりゃ、うちには英国からも政府からも招待は来んわね。来ても困るけど。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

眠れぬ夜慰めくるるちちろおり

なかなか眠れない夜が増えました。眠れぬ夜は蟋蟀を聞いて目を閉じております。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

秋の蚊にワクチン効かず吸われけり

昨夜、寝ていたら、今シーズン初めて蚊に刺されました。電気をつけて蚊を探したが見つからず。くそ~、今夜は勘弁してちょ。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

夕闇にカーテン揺れて虫時雨

涼しい風に吹かれて虫の声を聴いています。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

名月をメールで知らせ一人酒

結構な月でした。 ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

月代や帰る家なき猫の群れ

家の近くの林道に数匹の野良猫が住んでいます。たぶん、みんな猫をそこに捨てている。毎日エサをあげている人もいます。今頃は月でも見ているのでしょうか。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

蟋蟀や父が暮らした家の土間

父が倒れて療養中の長い間、父が一人で暮らしていた家は空き家になっていました。 古い家で、コオロギの出入り自由の家でした。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

大空がころころ揺れて芋の露

里芋の葉の上の露が、空を映して揺れていました。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

病棟の灯りが消えぬ夜長かな

入院病棟の廊下の灯りはついたままですね。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村

窓二つ越えて行くまで月見てた

南の空に黄色い月がくっきり出ていました。何もせず、月がサッシの窓を二つ越えて行くまでぼんやりと眺めていました。 *** ご来訪ありがとうございます にほんブログ村